資格って必要? 協会とフリーのメリットデメリット

自分の色で咲く♪フリーのお花教室で輝くステップ

お花を仕事に Sae&cco

********************************************************

 

 

「お花の教室をはじめるのに資格はいりますか?」

 

という質問をよくいただきますが

 

資格が絶対必要!ではありません

 

 

 

資格がなくてもお花教室は始められます。

 

 

でも技術は必要!

 

 

信頼できるスクールなどでしっかりと技術を身につける

ことは自分の財産になります♪

 

 

DSC_0505

 

 

 

私自身は花の仕事をしながら

大きな協会いくつかで資格を取得そして

いまは協会の傘下にはなくフリーで活動しています。

 

 

 

どちらで活動するか。。。

 

それぞれ良い点とそうでないところがありますよね!

 

 

今日は

 

「協会とフリー 3つのメリットデメリット」

 

についてお話しますね♪

 

 

協会の一員でいると安心して活動できるバックアップ体制があることが大きいですよね。

 

協会のデザインのカリキュラムをレッスンできたり

お花を用意してくれるところもありますね。

 

認定校などになると、協会のHPや会報・広告などでも紹介してくれるので

それを見た方が生徒さまになってくれることもあると思います。

 

 

また勉強会などの案内が送られてきたり

お花のトレンドも教えてくれることがあると思います。

 

 

反対にデメリットは

 

 

やはり年会費がかかったり

 

お花を仕入れるのに協会への手数料などが発生したりすることでしょうか。

 

お花の雰囲気やカリキュラムも協会の決めたカリキュラムをレッスンする必要があります。

 

 

DSC_0266

 

 

その点フリーのメリットはなんといっても自由なこと。

 

 

仕入れからカリキュラム作成・集客と

 

何から何まで自分でこなさないといけませんが

 

自分の好きなカリキュラムを提案して生徒さまが集まると

 

「このお花の雰囲気好き!」と思ってくださる方が来てくださったりします。

 

 

その先生のテイストを好きになってくれると

 

リピーターになる生徒様も多く

 

濃いファンが自然と集まるフリーの先生も多いですよね。

 

 

またお花代でも協会への手数料などがないぶん

生徒さまに還元できます。

 

その分、お花をたくさん使用したり

楽しいイベントが開催できたりと

生徒さまが喜んでくださることに使えたりします。

 

 

 

自分でデザインしたり毎回集客するのがニガテ。。。

 

という場合は協会に所属しながら

自分のスタイルも提案していくというのもありかと思います。

 

 

 

どちらにしても

生徒さまからみれば一人の先生。

 

 

お花の先生というのは

その人の持つキャラクターや環境が土壌となっています。

 

 

資格をとってここまできたから

上手に教えることができるというわけではなく

 

 

日々勉強の世界。

 

 

 

協会に続していても、フリーで活動していても

 

自分で学び続け工夫していくことも大切にしたいですね!

 

 

0511b

 

 

それでは今回の記事

 

「資格って必要?協会とフリーのメリットデメリット」

 

お花の先生になりたいアナタへ

 

何かのヒントになれば幸いです♪

 

 

 

 

****************************************************

 

お子様連れで通えるお花教室の「さえっこ」は

「未来のフラワーデザイナーを応援します」

コメントや「いいね!」で応援いただけると嬉しいです

 

★親子でお花教室 さえっこ Facebookページはこちら↓↓

https://www.facebook.com/oyakodeohana

 

★日々のレッスン情報更新中♪アメブロはこちら↓↓

http://ameblo.jp/sae-fleuriste

 

****************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK